読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La hauteur chante ce qu'on parle dans la profondeur

メモとしてのブログ。ルーマニアの詩人たちに関心があります。

Iluminare

ルーマニア

アデラ・ポペスクの詩集(住吉春也訳)を読んでみた。ルーマニア詩人たちのイメージは、何となくわかったようでわかりにくい。

 

 

lăsînd pentre furinici prezentul să-lîngroape,

organizîndu-l oarbe-n galerii.

現在についてはアリたちに任せよう

トンネルにでたらめに並べて埋葬するがよい

(「歴史 Istorie」)

「アリ」(furunici)という語は私としては結構注目したい語だが、捉えどころ・切り口がわからない。たとえばすぐに私たちはデスノスやミショーを思い出すだろうが、おそらく彼らの意味のもたせ方は全く異なるはずだ。

また、アデラ・ポペスクに戻れば、「愛の歌 Cîntec de dragoste」なんぞもよい。私たちの同時代詩人に、ピクトポエツィカ的な名残が見えたら面白いなと思う。

 

余談だが、検索してたら面白そうな情報があったのでメモ。

 

www.worldcat.org