読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La hauteur chante ce qu'on parle dans la profondeur

メモとしてのブログ。ルーマニアの詩人たちに関心があります。

バンジャマン・フォンダーヌ「ラップ人たちの生活の情景」Scènes de la vie des lapons

最近は、もっぱら精神分析関連の本とバンジャマン・フォンダーヌの詩を読んでいる。以下に拙訳を載せている「ラップ人たちの生活の情景」もその一つだ。この詩は「フランス語練習」と同時代の作品であり、つまり彼がフランス語で詩を書きはじめた頃のものだ。

 

 
ラップ人とは、サミ人とも呼ばれ、ラップランドノルウェー北部から白海までの沿岸地帯。フィンランドスウェーデン、ロシア北部を含む地方。)の少数民族のこと。この地では、詩の書き出しにあるように、トナカイ飼育が盛んなようだ。なお母系が重要視されているらしい。なぜ、ラップ人なのか、それはまだわからないのだが、詩人は「北」の方角に歌っているように思われる。
 
ところで、この詩は「トリスタン・ツァラに」À trisntan tzara (原文まま)捧げられている。これは少し面白い。なぜなら、塚原史がよく言うが、ツァラはどちらかというと「南」の詩人
だからである(彼は、ブルトンが「北」の詩人であると言う)。同じルーマニア生まれの二人が、方位磁石のように背を向けあっているのに何か意味を見出そうとするのは、こじつけに過ぎないだろうか?
 
----------
このトナカイたちはやせすぎていて生きられなかった
日々を外へと投げ捨てよう 北極への旅
雪が、紙の花が、雪の紙のハンカチが
ああ なんて素晴らしい 地面の確かなのだ。
 
ユリシーズ 僕は君がほしい ラップ人たちの国で
理性が氷山に立ち向かうことのできる国で
身体を互いに擦り付けあうその肌から 夜を連れ出すこの火
僕はそれは愛ではないと思うんだ ああペネロペよ
 
この不毛地帯には指と同じ数だけ深淵がある
君はそいつを追い出すのかい? モールス信号の季節だー
馬乗りの大海がその場所を強化するー
綱の上で 僕らの力を五倍にしよう
 
裸の筋肉のようなナイフの眩暈
これぞ皮と象牙と脂肪をソテーすることだ
ぶ厚い氷の下 死が歯を見せる
餓えた者とその子供たちは全く生のラードを食べている
 
歌のサモワール 煮え立った蓄音機
夢 変えよう 警告リボンはいかが
僕らはあえて踊ったのだろう 壁の上にはいなかった守護
天使は ブラシのような髪で白いシャツを着た
 
小さなヨーロッパが僕の膝に君の皺をよせる
僕らは自殺のアルプスをよじ登らねばならないだろう
ここは狂人の眠りの空間でしかない
君の力こぶは空の拳に反抗するものだったのか?
 
まさしくカオスが動き出す最初の日
水と大地がまたも血にまぜられ
男も女も溶け泣き叫んでいる
神の笑いが僕らの贓物を侵食する
----------
 
ところで、ルーマニア精神分析ブームはあったのだろうか。